スマホで決済・・・

ネット決済で大切なのはお金の流れだ。
まずは日本みたいに銀行は決算書を見て判断するのではなく、日々のキャッシュフローが大切さであることに注目したこと。

eBayなどで、その出店者がどれくらいお金が流れているのか把握できる。
さらにビッグデータを活用して誰にどれだけ商品が流れているのかも把握できる。
プライバシー問題もあるだろうが。そこで融資額が決まる。
ビジネスでのキャッシュ・フローはオープンである。

決済データを用いることが大切であり、決算書は張子の虎であることが証明された。

PayPal HereSquareが存在している。
これらは簡単にスマホを利用してクレカを通して決済が可能だ。
ペイパルやスクエアは決済データを基に貸し出せるのと、日々のトランザクションにより一定割合の回収も同時に行える。
人を見て貸すという昔ながらの判断基準だが、今度は透明性がたかくなったビッグデータを活用した貸し方が浸透するだろうと。

日本ではコイニーと言うのもある。
ペイパル出身者が2010年に作ったかいしゃだ。
コイニーの装置は無料で使える。

楽天スマートペイもある。
初期投資もほとんどかからない。

自分も持っているがSquareも導入価格は1000円だが、実質キャッシュバックがあるのでゼロ円。
何が良いかと言えば、今までカード決済ができなかった個人商店の利用が増えた。
生花店、精肉店、八百屋さんなどが利用に参入した。

これから大きな競争が始まることは確かだ。
アイデアだけでは勝負はできないのとやはり開発資金が必要で、やはりコネにてローン会社とつながるしかなかった。

さもないと相手にしてくれないのが日本社会。
使い方はみんな一緒で端末のイヤホンジャックにガジェットを差し込む。

ちなみに手数料は横並びの 3.24% だが Squareのみが 3.25% でスワイプできない場合、3.75%に上がるの。それぞれの特徴があるので注意が必要。入金日数とかね!

スマホ決済はこれからが競争だ。

via Blogger http://ift.tt/1cl5MDK

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中