Androidの憂鬱

日本でAndroid携帯がブレイクしている。

Apple iPhone対抗で各社がオープンなLinuxベースのAndroid OSを活用しだしている。さてここに落とし穴を日本のメーカが作っているのはご存知だろうか?

さすがシャープがアンドロイドを使っていてもガラパゴスにしてくれた。これはKDDIのIS01機種でOSが1.6で終わると言う現象。ドコモもソニエリのXperiaでアップグレードをしているが、2.1止まりだな。HTC-01や03も同様で所詮、日本のユーザはキャリアとメーカ両方が切り捨てている。

要は最初からくだらないハードウェアとか日本特有の機能を搭載して古いOSをAPI経由でアクセスせずに直接ハードウェア制御するからこうなるのだろう。

良いことがSlashdotに書かれていたので紹介したい。所詮シャープ。サポート最低。私の持っていたWillcom 03 (WS020SH) もシャープ製で最悪だった。この商品はWinCEの問題も多々有ったが、やはりハードとソフトの問題も多かったからへし折った。

悲しいね〜

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中