葬儀社と病院

病院ってしたたかなモンだ。

ハッキリ言ってタカリだとどの葬儀社も思っているだろう。

病院は自分ところの経費である合掌バンドと顎止め(通称エンゼルセット)を葬儀社にお願いをする。当然だと思っている問題がある。患者が亡くなると自分達の仕事ではないと言う看護師の悪い意識がある。これじゃ亡くなった人も浮かばれない。病院の悪い慣習だ。

その他、院内イベントでの協賛金どころか(これも問題あるが)お祭りの手伝いとかを要求してくる。葬儀屋さんは従うしかない。従わないと紹介してくれないどころか、お客さんは自分のところ会員さん且つ指名しているのに他の葬儀社に流してしまう場合すらあるだろう。

更に酷くなると霊安室を建ててくれや看護師が袖の下で一体いくらかで葬儀社に「売る」。葬儀屋さんは仕事が欲しいから出す。大きな病院では専属の葬儀社として登録料をン千万円も要求してくる。1床いくらと言う感じで。

酷いと、守衛がそのカネを持ち逃げすると言う事件も昔あった。病院側は全く現状を知らずに葬儀屋は守衛におカネを渡していて、守衛が退職したらトンでもない事件が発覚したとか新聞沙汰になったことすらある。

これが全て遺族に振りかかる費用だと思ってくれれば良い。

ジャスコだって葬儀社からピンはねをしている。4割バック!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中