タグ別アーカイブ: Amazon

蝶ネクタイ万歳!

私は蝶ネクタイをするのが好きです。


今まではイギリスへ行ったときにロールス財団から買ってたり、アマゾン.comから仕入れたりしてました。

そのロールスのネクタイも底をついてしまったようです。


2ヶ月前くらいまでは在庫があって、まだ売っているなと言うので悠長にかまえていて、先月末に再度仕入れようとしたらない!L(゚□゚)」オーマイガ!

ってことでトホホの状態で、米国アマゾンからも配送は断られて「We do not send to Japan」って具合に、一人さみしげに(笑)落ち込んでいたら、ダメ元でAmazonジャパンでPen Seeの蝶ネクタイを発見して辿っていたら、売っている!

パンセ(PenSee) メンズ 高級ポリエステル 手結び ボウタイ・蝶ネクタイ 水玉 グリーン

なんと!!!
それも899円からだ!

ってことで色んな柄のを4本ゲットした。

広告

2015/02/15 有隣堂のビブリオバトルを見て

久しぶりに横浜伊勢崎町の有隣堂へ行ってビブリオバトルを見てきました。

https://yeyshonan.wordpress.com/digital_analog/bibliobattle_visit/

ここで数回紹介しているので内容について割合させていただくが、面白いゲームである。
私は子供たちにぜひビブリオバトルを楽しんでもらいたいと考えている。
去年、うちの子が通う学校でもビブリオバトルのポスターが張ってあったので学校でもやっているんですか?って聞いてみたが、やっていないと。(*・ε・*)ムー

そんなことでこの本があります。
http://amzn.to/1DU5kJQ

やはり本を通じて色々と自分の今の仕事、これからどうするか考えさせられます。ちなみに、今日、一人出版社の島田潤一郎さんは武雄市図書館が面白いとのことでした。何故なら「借りる場所」と「買う場所」が一緒であって、更にその境が曖昧であるとのこと。

楽天が仕掛けてきた

スクリーンショット 2013-01-07 18.36.33 どうかな?
楽天市場が打倒アマゾンで仕掛けてきた!
そう、AmazonがKindle Fire HDを日本に投入してきた。これは楽天には脅威に映ったはず。更にカナダのKobo社を280億円で買い取って次々と製品を投入してきている。オマケに講談社とやっと話がついたみたいでKobo向けの電子ブックを本格的に投入するはず。

そんな中、日本ではそこそこのシェアがある楽天だが、世界レベルから見たら大したことはない。それにこのスクリーンキャプチャから見たら相手はアマゾンだけじゃなく、eBAYも視野に入れているとかと。一番の問題は海外への発送だろうと。アマゾン.COMはKindleを日本へ売ってくれたのでいち早く入手し、試すことが出来たのは言うまでもない。それに乗り遅れてはならないと三木谷社長は考えているのかも。

続きを読む

Amazon Kindle Paperwhiteが来た

投稿をするのを忘れていて、尻切れトンボ状態になっていた・・・
イケませんね〜! m(_ _)m

さて、19日(昨日)に我が家にAmazon Kindle Paperwhite WiFi仕様が届いた。
開梱して、設定。思った以上に初期設定の時間が掛かった。何しろ立ち上がりと認証だけで3分くらい掛かったのかな・・・ビデオを撮影してYouTubeに投稿したのだが、あまりにも時間が掛かるのでその場面だけ4倍速にした。

Kindleを買うとAmazon Cloud Driveと言うのが活用出来る。
これは無料の5GB容量である。ちなみに私は Amazon.comとAmazon.co.jpを両方利用している。さて、アマゾン・ジャパンにこのマシンはつながる。そりゃ、Japanで買っているからだ。

続きを読む

AmazonでNook

ご存じでしたかな?
Amazon.co.jpではNookを販売しているのを。

これは業者が並行輸入したモノ。
さて、肝心のKobo Touchはどうか?
やっぱり三木谷社長は出していない。

いや、Amazonが販売拒否しているのか?
それは定かではないが、どっち道、付属品は売られている。

三木谷社長は電子ブック価格を最初から値下げるつもりは無いらしい。
業界で競争が働いて自然に下がるだろうと言う心得みたいだ。
アマゾンやアップルみたいに価格を決めることはしないみたいだ。
アマゾンの問題は考え方がアメリカ的で日本市場の出版業界の習慣を崩すことが出来ないから未だに日本にKindleを投入していないのだろうと。
するとアップルはどうなの?iTunes Storeで既にゴリ押ししている。
アップルですら、iBooksが日本で成功しているとは言いがたい。

レースはまだ始まったばかりだが、残念ながらアマゾンは既に周回遅れって感じ・・・
Koboはどうか気になる・・・

Kindleが届いた

先ほどAmazon.comからKindle KBが届いた。

さて、この度、Kindle Fireがあるにもかかわらず、更にKindle Touchもあるのに、何故このタイプにしたか。
簡単である。タッチにはKBがないのと、Fireはカラーだからだ。
カラーは正直なところ、iPad2があるので、Androidで走る類似品は欲しくなかった。それならタッチは?との事だが、小さすぎると感じた。
っと言うことで、これを買った。

これを日本語化しようかと思っている。

何しろ、このKindleの優れているところはバックグラウンドが白いので文字がすごく見やすい。iPadで文字を読むにはすごく疲れるが、Kindleの場合はそんなことがない。そして解像度がメチャクチャに高いので字がスッキリして見える!これは嬉しい。

20120126-165516.jpg