タグ別アーカイブ: funeral

2017年のフューネラルビジネスフェアは閑古鳥が

閑古鳥が鳴いているかと思ったら・・・いや、去年よりも参加者が多い。
しかし、なぜそう見えたのかは、出展している「モノ」が圧倒的に少なかった。三菱電機さんに伺うことができて、モノが大きいのでブースはパネルだけになっていた。

https://yeyshonan.wordpress.com/japanese-funeral/funeral-biz-2017/

さて、私は初日しか参加することが出来なかったので、二日目にどれくらい人が訪れたかはわからない。しかし、少なかったかと思ったが、実際数字を見ると去年と大差がなかった。
そして今、見たら、二日目のほうが初日より少なかったと!

◆出展社数 123社/202小間
◆来場者数 11,594名[ 6月26日(月):6,526名/27日(火):5,068名]

 

それはこれから綜合ユニコムが考えることであって、どうするかだ。
何しろ「エンディング産業展」と時期がすごく重なるからだ。
出展する起業も、6月末にフューネラルビジネスフェア、8月下旬にエンディング産業展、そして、9月に終活フェアなどあれば疲弊するだけだ。

どう考えても消耗戦になっている。

2016年、去年は初日の天気が悪かった(台風直撃の日だった)が、トータルとして、悪くはなかった感じがしたが、やはりあまり参加が多くなかった。

◆出展社数 128社/211ブース
◆来場者数 11,533名[ 7月5日(火):6,728名/6日(水):4,805名]

しかし2015年からすると出展社数は減ったが、参加者は伸びている。

◆出展社数 143社/231ブース
◆来場者数 11,235名[ 6月8日(月):6,399名/9日(火):4,836名]

続きを読む

広告

そろそろ葬祭フェアの時期

今年もまたパシフィコ横浜の展示場でフューネラルビジネスフェアが開催されます。
パシフィコ横浜に移ってきてからは6月末ころでした。
それ以前は東京モノレール羽田線の東京流通センターでした。
そしていつも雨季か台風シーズンのまっただ中。
考えてみたら、最近、この時期に雨が降ってなかったな〜って。

今年2015年は6/8と6/9です。総合案内は: http://www.funeral-biz.com/ 
そして、このショーへの案内は: http://sogo-unicom.co.jp/pbs/fair/fbf/2015/index.html です。

一昨年くらいまでは一般の人達も参加が目立ちましたが、どうも昨年から業者思考に戻ってきたような気もしますが、一班の方々も会場入口で入場券がドサって置いてあったのでお気軽に入れるはず。

そして、毎年、この時期になると、自分が数年前に始めたプロジェクトがそのままだと・・・ http://jFuneral.com   もう少し、気合を入れないと。

記念日なんだ

WordPress.comから画面上通知が届いていてよく見たら、4年前にWordpress.comに登録したみたい・・・

wordpress 4yr anniv

そうか・・・2010/11/26 なんですね。
これからも皆さま、ご支援よろしくお願いいたします。
葬儀とIT関連を掲載してまいります。

ありがとうございます。

引き続き、ズッコケ中の http://jfuneral.com もガンバって関係者にお話を伺いに行きたいと思います。

ロウソクの火って神秘的

危険を伴うけど、見ているだけで落ち着きます。

いつの時代からロウソクが葬儀で使われるようになったかは不明ですが、やはり僧侶は線香に火を点けるにはロウソクの火が必要。

三重県亀山市のマルエスさんを紹介

時間があったらもう少し話を聞きたかったけど、最終日ってイベントは16時に終わるとは!

フューネラルビジネスフェア2014終わった

6/24と25でパシフィコ横浜展示ホールにて二日間展示会がありました。 業者だけじゃなく、一般にも公開されてますが、今年は業者向けでしたね。 何故ならテーマが「葬祭ビジネスモデルの再設計」でしたから。 でも展示は去年と変わらない(業者の入れ替わりはありましたが)。 Funeral Biz Fair 詳しくは固定ページのこちらへ: http://wp.me/P1dpqm-jj

 

おくり鳩を紹介

中小企業総合展にて(株)エヌケーが展示していた「おくり鳩」を紹介。
おくり鳩は既に100社くらいで最後のお別れで遺族が送り言葉を添えて棺の中に入ている。
環境的には優しくて、摂氏700度で燃やすとカスも出ず(火葬炉は900度くらいで燃やしている)きれいになくなる布で作られている。

https://yeyshonan.wordpress.com/japanese-funeral/funeral-biz-fair-2012/sendaway_pigeon/

 

 

二番煎じからトップへは

葬祭業がソーシャルメディアを活用する時代でもある。
お客様とのキャッチボールはそれでも盛んでいるとは言えない。
お互いに反応しているのは同業者だろうと・・・
さて、そこでアメリア・イヤハート効果を考えてみたいと思う。
新しい着目点にてトップに立つことだ。
競争する軸を変えねばいつまで経ってもNo.1にはなれない。
さて、その効果を作るにはナニをせねばならないかは、お楽しみ。